top-about-p1

 

社長メッセージ

当社は創立以来、産業用包装容器メーカーとしIMG_6335 (2)て事業の拡大に務め、業界・地域の発展に貢献してまいりました。「お客様からお客様へ、安心で豊かな未来を願い包装の“カタチ”を創り続ける」という企業理念のもと、社員が一致団結し、独立企業としての研鑽を重ねることで、顧客の信頼を獲得するとともに、社業及び社員の生活発展を通して、社会貢献を目指していきます。

概要

会社名 昭和パックス株式会社
本社所在地 東京都新宿区市谷本村町2番12号パックスビル
設立 昭和10年12月20日
資本金 6億4,050万円
発行済株式総数 445万株
年商 223億円(2023年3月期 連結)
事業内容 包装容器ならびに包装材料の製造・販売
営業品目 重包装袋(クラフト紙袋・ポリエチレン重袋) フィルム製品(農業用・工業用・食品用ほか) コンテナー(ワンウェイフレコン・バルクコンテナライナー・液体用ライナー) 包装機械装置システム 不動産賃貸
従業員数 472名(2023年4月1日現在)

沿革

昭和10年 12月 設立昭和製袋工業株式会社設立(東京市麻布区)
昭和22年 3月 本社を東京都中央区日本橋大伝馬町に移転
昭和28年 2月 大阪出張所新設
12月 防府工場新設
昭和32年 5月 富山工場新設
昭和37年 4月 米国セントレジス・ペーパー社(現スマーフィット・ストーンコンテナー社)と技術提携契約を締結
5月 亀山工場新設
昭和39年 10月 防府工場にポリエチレン重袋工場新設
昭和40年 11月 本社を東京都新宿区市谷本村町に移転
昭和41年 5月 太陽紙工株式会社を吸収合併
昭和43年 3月 東京工場を新設
昭和44年 12月 シンワ化学工業株式会社を設立、樹脂製品の製造と販売を開始
昭和45年 11月 資本金4億円
昭和48年 1月 九州紙工株式会社に資本参加
昭和54年 3月 サンエー化学工業株式会社ならびに化研工業株式会社(現(株)サンエー化研)に資本参加
昭和56年 4月 株式会社ネスコを設立
平成元年 4月 シンワ化学工業株式会社を吸収合併
平成元年 12月 昭和パックス株式会社に社名変更
平成2年 10月 東京工場に貸倉庫を建設し賃貸事業に参入
平成6年 7月 本社新社屋パックスビル竣工
平成8年 3月 資本金5億2,050万円
平成9年 4月 タイ王国にタイ昭和パックス(株)を設立(クラフト紙袋の製造・販売)
平成11年 4月 株式公開(JASDAQ上場)資本金6億4,050万円
平成15年 1月 タイ昭和パックス(株)がISO9001を認証取得
平成16年 12月 日本証券業協会への店頭登録を取り消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成19年 1月 掛川工場フィルム部門がISO9001を認証取得(これにより当社全工場全部門がISO9001取得となった)
平成19年 3月 東京工場がISO14001を認証取得
平成21年 12月 山陰パック㈲と山陰製袋工業㈱を子会社化

企業理念

お客様からお客様へ、                       安心で豊かな未来を願い包装の“カタチ”を創り続ける

行動指針

1.課題解決に向けスピードをもって実践する
2.あらゆる可能性を粘り強く探求する
3.お客様と仲間に尊敬と感謝の心を持ち、ともに成長していく

役員

代表取締役社長 小野寺 香一 (生産本部長)
取締役 湯口 毅   (営業本部長)
取締役 清水 貴雄  (管理本部長)
取締役 多久 秀臣  (資材部長)
取締役 花井 謙介  (生産副本部長)
取締役 大舘 諭
取締役 赤木 鉄朗
常勤監査役 望月 健太郎
監査役 井上 眞樹夫
監査役 佐藤 誠一

関連会社一覧

連結子会社 株式会社ネスコ
九州紙工株式会社
タイ昭和パックス株式会社
山陰パック有限会社
山陰製袋工業株式会社
非連結子会社 昭友商事株式会社

コメントは受け付けていません。